開業の心得

  1. エステサロン開業に必要な開業資金は?

開業の心得

エステサロン開業に必要な開業資金は?

403PV

2019.07.10(Wed)

エステサロン開業に必要な開業資金は?

エステティシャンとして経験を積んで、夢だった自分のサロンを開業!
そのためにはエステ機器や、ベッドなどの備品、サロンの賃貸料金だったり、最低限かかるお金が存在します。

自宅の一室で開業するのか、マンションを借りて開業するのか、店舗を借りるか。それにより、かなり金額に差がでると思います。しっかりとした事前準備と知識が必要となってきますよ。

かかるお金の相場を知って、スムーズにオープンできるようシュミレーションしてみましょう。
今回は絶対に成功するために!エステサロン開業にかかる、開業資金の特集です!

エステ開業までにかかる費用

・内装工事費
・サロン内の備品
・エステの機械、化粧品
・宣伝広告(集客)費用
・その他雑費

エステ機器はかならずしも購入するのではなく、リースやレンタル契約する、という方法もありますよ。これも賢く使っていきましょう。

内装工事費のリアルな金額

エステサロンのビジュアルには
非日常な空間を演出することが、大切です。

エステサロンに通うお客様にとって、サロンの内装やインテリアのビジュアルは絶対重要なポイント。お客様目線で考えたとき、「どうせ通うなら、スタイリッシュでキレイなサロンに通いたい」と思うはずですから。

まずはエステサロンのコンセプトを、しっかり決めましょう!
英国風アンティークなのか、アジアンテイストなのか、ナチュラル系なのか、ゴージャス系なのか。それにより、オブジェや小物、タオルなどといったカラーも自然に決まってくると思いますよ。

内装工事を発注する前にどんなサロンにしたいのか、イメージを明確に決めておきましょう。店舗デザインの打ち合わせも、お店のコンセプトが決定していれば、進行もスムーズにいけると思いますよ。夢の空間のビジュアルは、まず最初に決めておきましょう。

エステサロン内装費用の相場

デザイン設計 25〜50万円位
設計管理 15〜40万円位
内装工事 20〜50万円位
外装工事 40〜100万円位

大体の相場はこのくらいでした。
もちろん、業者によっても違います。数社見積もりを依頼して、安いだけでなくデザインがよく、信頼のおける業者に依頼しましょう。

内装工事費のリアルな金額

エステサロンのビジュアルに、癒しと安らぎはありますか?
エステサロンに通うお客様にとって、サロンの内装やインテリアのビジュアルは絶対重要なポイント。お客様目線で考えたとき、「どうせ通うなら、スタイリッシュでキレイなサロンに通いたい」と思うはずですから。

まずはエステサロンのコンセプトを、しっかり決めましょう!
英国風アンティークなのか、アジアンテイストなのか、ナチュラル系なのか、ゴージャス系なのか。それにより、オブジェや小物、タオルなどといったカラーも自然に決まってくると思いますよ。

内装工事を発注する前にどんなサロンにしたいのか、イメージを明確に決めておきましょう。店舗デザインの打ち合わせも、お店のコンセプトが決定していれば、進行もスムーズにいけると思いますよ。夢の空間のビジュアルは、まず最初に決めておきましょう。

【エステサロン内装費用の相場】
デザイン設計 25〜50万円位
設計管理 15〜40万円位
内装工事 20〜50万円位
外装工事 40〜100万円位

大体の相場はこのくらいでした。
もちろん、業者によっても違います。数社見積もりを依頼して、安いだけでなくデザインがよく、信頼のおける業者に依頼しましょう。

サロン内の備品、必要なものリスト

サロンの備品については、コンセプトデザイン等にもよるので、相場は店によります。備品も費用をかけようと思うと、金額は上をみればキリがありません。

あらかじめ「上限⚪︎万円まで」という感じで、費用を決めておきましょう。その金額で抑える!! と決定したら、もうその中でやりくりした方が後々、安心だと思いますよ。以下は、エステ開業の時に必要なものリストです。

【美容設備】
エステベッド・スツール・ワゴン・タオルウォーマー

【消耗品】
化粧品・シーツ・タオル・コットン・スリッパ・施術用ガウン、おもてなし用の茶葉やグラスなどの消耗品も必要です。余裕を持って用意しておきましょう。

【事務用品】
PC・プリンタ・電話・FAX・カルテ

自宅で開業する際は、自宅とサロンの電話番号を分けた方がいいと思いますよ。

【その他】
サロンの制服・マスク・消毒器・ドレッサー・脱衣かご、書類、掃除用備品、BGM、BGM用オーディオ機器、花や観葉植物、ラスやカップ類など

フェイシャルエステ、ボディ系の施術に必要なものは入っておりませんので、メニューにより増えていきます。

他にもインテリア代が発生すると思いますよ。
「受付にはシャンデリアがほしい!」、「ソファーはゴージャス感のあるものを」といった、コンセプトデザインによる、こだわりのインテリア代金も発生しますよね。そういった諸費用も計算しながら、抑えるところはキッチリ抑えて、理想のサロン空間を実現させましょう!

エステの機器はレンタルできる

エステサロンの機器は、買うだけでなくレンタルリースが可能です。
10万以下の安い機器から、数百万する脱毛機器まで、いろいろな種類がありますよね。ザックリ相場は、100万円〜300万くらいは必要と考えてください。

小さなサロンでしたらオールハンドエステだけ、とか。そういった経営の仕方もあると思います。何に力をいれたいサロンなのか、それも決めておきましょう。

HPは会社の看板になる!宣伝広告費用

インスタ映えという言葉が流行ったように、今はビジュアルが美しく、映えない場所に人は集まりません。

また、宣伝しないと誰も来てくれないですから、宣伝広告費は必要不可欠となりますよね。最初に絶対、必要なのはこちらです。

・HP
・ブログ
・インスタなどのSNS
・オープニングチラシなど

HPはデザインがいいだけで、お店の看板がキレイなことよりも絶大な効果があります。10万くらいでいいので、ビジュアルが美しいHPをデザイン会社に依頼して、作成してもらいましょう。

個人ブログしかないお店と、ビジュアルがしっかりしたHPがあるサロン。
どちらが信頼できますか?

HPは信頼度の目安になります。オススメは、お店がオープンする前にHPがあること。これが理想だといえるでしょう。他のチラシ、サロンのインスタなども地道に効果があると思いますよ。

HPもインスタも、ビジュアル重視な写真がキーとなります。一度はプロのカメラマンに依頼して、クオリティの高い写真を撮影してもらいましょう。

インスタに載せるなら、キレイな写真は必須。逆に清潔感のある写真が撮れないのであれば、いっそ載せない方がいいです。お客様が通いたくなるような、華やかなイメージを大切にしましょう。

・HPのデザイン代金/10万円〜
・チラシデザイン依頼料、印刷代/3、4万〜
・インスタ名どのSNS/0円

クーポンサイトでの集客がキケンな理由

ここでハッキリ書きますが、クーポンサイトでの集客はオススメしません。

なぜならば、クーポン割引の導入で値下げ、割引が「ふつう」となり、通常の価格では「高い」と感じたお客様の足が遠のき、倒産した店が多々あるからです。
安易な割引は、地獄をみるので。

自分の身になって考えてください。いちどクーポンで

10,000円のところ→1500円割引

だった店に、正規の価格で通いたくなりますか?
正規の価格が高い! と感じたことはないですか?
「割引の日だけ行こう」という思いに、なりませんか?

「安さが売り」のサロンは、安くない日は売れないのです。

クーポンでの集客に頼らず、他にワクワクするようなセールスポイントを、提示しませんか? お客様はサロンにある「ストーリー」を買うのです。ワクワクするような未来に投資しているのだと思ってください。

安さが売り、には決してならないでください。

ページトップに戻る

お問い合わせCONTACT

申し込みや何かご質問などありましたら、
下記よりお問い合わせください

※初回コンサルティング
1回30分無料

エステサロン集客.comオンラインサロン、予約随時受付中!

エステサロン集客.com

きれいプロデュースでは、エステサロンのコンサルティングや集客のアドバイスを提供しています。
担当するコンサルタントは、美容業界での経験は30年以上、店舗運営経験は15年以上の実績を持ち、全国の大規模な展示会でセミナー講師としての登壇経験もございます。
初回のコンサルティングは無料です。
痩身エステやフェイシャルエステのみならず、メンズエステや脱毛などのジャンルについてもお問い合わせいただけます。